マガジンのカバー画像

エンジニアの部屋

20
フクロウラボのエンジニアチームにご興味のある方はこちら。エンジニアが登場する記事だけをまとめてみました。
運営しているクリエイター

#エンジニア

Circuit Xのリプレイス開発での技術選定&AppSyncなどバックエンド側…

フクロウラボCTO若杉と申します! 前回、弊社のASP事業の管理画面のリプレイスにおいてフロン…

8日前

Circuit Xのリプレイス開発での技術選定(フロントエンド編)

はじめまして、こんにちは。フクロウラボでフロントエンド開発を中心におこなっています加藤と…

1か月前

フクロウラボの文化!フリータスクデーについて聞いてみました!

今回は、入社7年目の平尾さんと入社6年目の林田さんにフリーデスクデーという制度について聞き…

1か月前

メンバーに頼れる安心感、質問しやすい雰囲気が協力的なチームをつくる

フクロウラボのバリューのひとつに、“配慮し合う”という言葉があります。入社して半年になる…

1か月前

エンジニアチームの朝練!チームで成長していくために僕らが取り組んでいること。

フクロウラボの開発メンバーのカレンダーを見ると、朝練というスケジュールが入っているメンバ…

2か月前

フクロウラボのモブプロはこうやっている!現役エンジニアに話を聞きました!

フクロウラボエンジニアチームでの働き方を紹介します。今回はペアプロの取り組みについて,マ…

2か月前

フクロウラボの開発チームのキーワードはチームワーク

これまでフクロウラボの開発チームのメンバーのインタビューで共通して語られてきた、仲間と開発する喜びや安心感、勉強できる環境。これらを俯瞰してみると、ひとつのキーワードが浮かび上がってくるようです。CTOの若杉さんにお話を伺いました。 一定のパフォーマンスを出すためのチームワーク ──今日は、フクロウラボの開発チームについてお話を聞きたいと思います。もしも開発チームで大切にしていることをひとつ挙げるとしたら、何でしょうか? キーワードとして挙げるとすれば、「チームワーク」

スキ
21

助け合い、技術を磨き合うフクロウラボ のエンジニアチーム

実際に働いてみるまでなかなか職場の雰囲気を掴むのは難しいものです。今回は、フクロウラボ …

7か月前

新しい技術を取り入れ続けるエンジニア、高め合える仲間と学んだ開発合宿

エンジニアチームは、半年に一度のペースで合宿を行っています。合宿では普段できないワークシ…

8か月前

未経験のエンジニアだった僕が驚いた、フクロウラボの助け合う文化

緊張しながら採用面接に行って、こんな人が出てきてくれたら一気に緊張が解けそう。そんな優し…

10か月前

誰かをハッピーにするために技術を磨く。それが「コトに向き合う」こと。

誤解を恐れずに言えば、私が迷子になったら道を聞くのはこの人だろうな、というのが第一印象で…

11か月前

僕がフクロウラボで5年間エンジニアを続けてきた理由

文系の私にはエンジニアリングのことはわからないかな。そんな考えを壊してくれたのがフクロウ…

4時台の早起きも、つい教えたがってしまうのも、チームへの「配慮」から

フクロウラボのエンジニアである高木勇気(たかぎ・ゆうき)さん。彼のこれまでのキャリアやふ…

迷惑はネガティブな言葉じゃない、迷惑をかけてもいい、それがチームの力になる

今回は独学でプログラミングを習得し、なんと経験者枠で入社したというとっても努力家のエンジニア譜久原さんにインタビューします。 プログラミングに出会うまで——譜久原さんの経歴から聞かせてください。 公務員試験の勉強をする専門学校を卒業し、公務員として6年半働き、「もっと面白い仕事やりたいな。」という気持ちだけでスパッと辞めました。次の転職先を決めずに...。 ——何も決めずに辞めてしまったんですね。すごい決断力。 そこから自分の興味の赴くままに、面白いことだけやろうとい

スキ
33