成長機会を求める経理に朗報。フクロウラボ が経理業務を磨けるポジションを募集中
見出し画像

成長機会を求める経理に朗報。フクロウラボ が経理業務を磨けるポジションを募集中

フクロウラボ で経理ポジションの募集が始まっています。しかも、経理業務を行うだけではなく、大きなキャリアアップにつながる勉強と経験の機会が詰まった貴重なポジションです。そのお仕事やチームについて、フクロウラボ の役員の高橋 祐樹(たかはし・ゆうき)さんに聞きました。

分析業務、予算づくり、上場準備。経理業務のレイヤーをあげたい方のためのポジション

画像1

──今回はずばり、フクロウラボ の経理ポジションに今つくことのメリットから聞いてみたいと思います。

率直に言えば、これまでの経理業務のレイヤーを一段上げることができるポジションだということが最大のメリットです。ここでキャリアアップすることで、それに伴う年収のアップも期待できるでしょう。

──すごいインパクトですね。実際にどのような経理業務ができるようになるということなのでしょうか。

経理業務というのは、いくつかに分かれていて、主に月次決算、四半期決算、年次決算などの業務と、そのひとつ上のレイヤーの分析業務、経営資料作りなどに分けられます。このいわゆる帳簿をつける経理業務と、そこからロジカルに数字を作り込み、事実と予測に照らし合わせて分析をしたり、上場準備を行う際などに必要な資料を準備する経理業務というのは全くレイヤーの異なるものなのです。どちらかが良い、悪いということではありませんが、経理でのキャリアアップを目指すのであれば、後者のレイヤーの業務ができるようになることが必要になるでしょう。

──なるほど。確かにがらりと違う知識や経験が必要そうですね。けれど、そんな知識や経験を持っている人は少ないのではないでしょうか。

そうなんです。このような業務ができる経理の人材はとても少ない。なので、フクロウラボ はそれを育てようということになったのです。

──すごい。ということは、現時点ではこの業務ができなくても、挑戦できるということなんですね。

その通りです。実際、この経理業務は僕が今まで通ってきた道。どのような本を読めばいいかや、どこは不要だったかなども熟知しています。素直に学ぶ気持ちさえあれば、知識を出し惜しみするつもりはないので、働きながらこれらの仕事を少しずつ覚えていただける仕事ということです。

すでにこの壁を乗り越えたメンバーから教えてもらいながら仕事ができる

画像2

──ものすごい勉強量になりそうですね。

確かにそうかもしれません。けれど、僕は働いてくださる方にはプライベートを大切にしていただきたいと思っています。

──そうなんですね!

仕事は辛い面もあるかもしれませんが、大切な友人、パートナー、家族を犠牲にしてまでハードワークを求めるつもりはありません。プライベートも大切にしながら隙間時間で勉強していただければ、きっと業務も少しずつわかってくるはずです。

──なるほど。少し安心しました。

大丈夫ですよ。バックパッカーだった僕でも、できるようになったんですから。

──それは確かに励みになります......。ちなみに、高橋さんはこの業務ができるようになった時、どのような勉強のしかたをしたのでしょうか?

僕は、分厚い何冊もの本にかじりついて勉強しました。教えてくれる人がいなかったんです。けれど現在のフクロウラボ の経理には、この業務を教えてくれる経験者が少なくとも3人はいますから、次は何を勉強すればいいかなどを会話をしながら示してもらえて、さらに業務で少しずつ実践して知識を自分のものにできる。それだけでもメリットがあるポジションなのではないかと思います。

──これを学び切った後には、仕事が全く違うものに感じられるような気がします。

その違いは圧倒的ですね。見える景色は100%変わります。僕の場合は、仕事の手応えが大きく変わったし、経理という仕事の見え方も全く変わってきました。

みんなで冒険の海に漕ぎ出すようなチーム

画像3

──チームの雰囲気はどんなものなのでしょうか?

僕は、特攻タイプで、行く方向を示してパワーをもって突き進みます。そして同時に「自分は何もできない」ということもわかっているつもりです。ワンピースで例えるのなら、周りに助けてもらいながら船を進めるルフィのようなキャラクターとでも言いましょうか。他のメンバーはあと2人いて、ひとりはちょっと内気で事務作業の天才のような人。もうひとりは周りを客観的にみてフォローしてくれる人。この2人が戦うための武器を作ってくれているようなイメージです。現在はこの3人が力をあわせて一緒に仕事を進めていて、仲の良い、困った時は全力でフォローしあえるいい雰囲気です。一緒にご飯に行くこともありますよ。

──なんだか優しそうな人たちが多そうで、一緒に働きたいと思った方も多いのではないかと思います。現在はフクロウラボ が次のステップを目指すために大忙しというところでしょうか?

そうですね。包み隠さず言えば、現在はハードワークが続いています。けれど、その後にはきっといい結果が待っていると信じてチームで頑張っているところです。

──一区切りがついた時にはどんなことをしたいなと思いますか?

チームのみんなで、「よくやったね」と声をかけあって、おいしいものを食べて、おおいに休みたいですね。そしてまた次の冒険に漕ぎ出すように仕事に向かっていく。一緒にそれを楽しんでくれる方を待っています。

(写真・文:出川 光)

スキありがとうございます!すき!
アドテクノロジーで「かけがえのないパートナーになる」ことを目指し奮闘しているベンチャー、フクロウラボのnoteです。 はたらきかたのTips、メンバー、採用情報、社長のコラムなどを発信しています。