Fukurou Magazine
知識ゼロからの商品開発を支えた、フクロウラボ のバリューたち
見出し画像

知識ゼロからの商品開発を支えた、フクロウラボ のバリューたち

Fukurou Magazine

フクロウラボ でコスメ商品の開発からオンラインでの販売までを手掛けている小野川凡(おのがわ・なみ)さん。知識が全くない状態からの商品開発にフクロウラボ のバリューがどう役立っているのか、お話を聞きました。

聞き手:出川 光

みんなで一緒に上がっていく方が合っていると気づくまで

画像1

──小野川さんの取材をするにあたって、かつての会社で「狂犬」と呼ばれていたと聞きました(笑)。これはどういうことなんでしょう。

それは、だいぶ昔のことですよ(笑)。その時の職場は縦社会で、何か問題があっても、役職順に話を通さなければならないようなところだったんです。私は決裁者と話せば解決する問題は直接役職の高い人に直談判するようなタイプだったので、そう呼ばれていたんです。

──そういうことだったんですね。なんだかすでに、フクロウラボのバリューを体現しているような。これも含めて、これまでのキャリアについて教えてください。

キャリアのスタートはちょっと変わっていて、アルバイトでやっていた家庭教師の派遣をするサービスの事務でした。はじめはアルバイトでしたが、社員になって、役員になって。けれど、朝9時から深夜2時まで働くような環境が続き、コールセンターのアルバイトに転職したんです。この時は「もうなんでもいいや」という感覚でした。

──それは大変でしたね。けれど、コールセンターも大変そうです。

そう言われていますがあまりそういう感覚はなかったですね。そこでもアルバイトのオペレーターのつもりだたのが、スーパーバイザーをやらせてもらうことになって。責任者として2、3年は働いていました。

──どこに行っても出世されていますね。

どうなんでしょう。私にとっては目の前の仕事をきちんとやっていただけですが、それが不思議と評価されていたのかもしれません。その後はウェブマーケティングの会社やウェブ接客ツールを提供している会社などを経て、経営コンサルタントの会社にたどり着きました。経営に近い仕事はずっとやってみたかったのですが、ここでは人間関係にずいぶん悩まされました。ひとりでのし上がっていきたいタイプの人が多くて、みんなで一緒に上がっていくのが好きな私には合わなかったんです。悩んでいる時に、ウェブ接客ツールを提供している会社で知り合った方に、フクロウラボ に誘ってもらいました。それが今の直属の上司である、永田さんです。

──フクロウラボ は「みんなで一緒に上がっていける」風土があるのでぴったりですね。

そうなんです。永田さんが誘ってくれた時も「働いている人がみんな素直でいい人だよ」と言ってくれて。入ってみたらその通りの環境でした。

「配慮し合う」気持ちで引き受けたECの仕事

画像2

──ECで販売しているコスメの商品開発をするのは、これまでのキャリアとはまた違った仕事ですよね。最初からこの仕事につくことがわかっていたのでしょうか?

いえ。永田さんが私を思い出してくれたのは、EC部門にコールセンターが必要になって私がコールセンターで働いていたのを思い出してくれたからなんです。そういういきさつだったので、まさか商品開発を行うなんて思いもしませんでした。

──それでは、どうして商品開発の仕事をやることになったのでしょう。

この時、ECにはすでにひとつ商品があるけれど、すでにある商品が行き詰まった状態だったんです。その穴を埋める形でECの状況をみてみると、新しい商品を開発したほうが問題が解決できそうだということがわかってきて。それで解決できるなら、私がやるしかないか、となって商品開発をすることになりました。

──すごいですね。まず、想定していなかった仕事を受け入れたところに驚きました。

これは、バリューでいう「配慮し合う」なのかもしれません。私の想定とは違ったけれど、そこに求められているポジションがあって、私が引き受けることで解決することが見えていた。当時の想定では商品開発をやるとは思っていなかったので、自分の能力の範囲で会社に貢献できるならもちろんやろう、と。今思い出せばこんな風に言えますが、当時は「へぇ、違うことやるんだ」と気軽な雰囲気で引き受けました。

──そこから、商品開発を始めるところに驚きました。自分に経験がなければ「経験者を雇ってください」となるところだと思います。

えーっ。ちょっと驚いてしまいました。その選択肢が、当時の私にはなかったので。確かに「自分たちでやるの!?」とは思いましたが、答えが出ているのにやらない選択肢はありませんでした。商品開発を始めてからも大変なことばかりでしたが、それでも途中で止める選択肢なんてなかった。

──それ、まさに「コトに向き合う」を体現されていますね。

もともとストレス耐性もチャレンジ精神も大きいほうなんです。仕事の大変さにはあまりストレスを感じないし、やっている最中の仕事を途中で止める選択肢を持ったことがない。コスメの商品開発を行うのは初めてでしたし、メンバーは男女ひとりずつしかいない状態でしたが、仕事が大変なら大変なほど、面白く感じるんです。「スリリングだぜ!」って感じで。

──なるほど。コスメの商品開発で一番大変だったことは何ですか?

商品の仕様を決めるところです。手元にサンプルが来たものにどうフィードバックを返せばいいかがわからず、かなり悩みました。化粧箱ひとつとっても、「何か違う」ということはわかるけれど、紙質の知識なんてありませんでしたし、商品の成分もはじめはほとんど知識がありませんでした。こだわればこだわるほど単価が上がったり時間がかかったりしたのも大変でした。

──実はこの商品、私も使わせてもらっているんですよ。すごいクオリティのものができたんじゃないでしょうか。

嬉しいです。本当に成分にこだわったので、いい商品ができたと思います。使った人も、すごくいいって言ってくださる。ただし、まだ一つ目の商品なのでプロダクトマーケットフィットまで漕ぎ着けられていないのが心残りで、そういう意味では今が一番辛いかもしれない。真剣にやっているから、これだけ悔しいんだなと実感しています。

──「コトに向き合う」をつきつめた結果生まれた、踏ん張り時ですね。

そうですね。まだまだやりたいことがあるので、「コトに向き合い」続けたい。それを、「諦めずにやる」ということは綺麗だし簡単ですが、それが正しい答えなのかどうか、模索している最中です。

フクロウラボ のバリューは、社会人としてまっとうであれというメッセージ

画像3

──今日のお話では、小野川さんが体現されているバリューと、その先にある葛藤が伝わってきました。フクロウラボ のバリューについては、どう考えていますか?

「コトに向き合う」「配慮しあう」「期待を超える」。これは、とってもベーシックな、いわば当たり前のことだと思っています。そしてそれをバリューとして掲げているということは「社会人としてまっとうであろう」というメッセージを会社が働く人に出し続けているということ。私はそれがとてもいいと思っているし、共感しています。
私は「バリューを体現するぞ!」と思って働いているというよりも、目の前のお客様、会社の利益を追いかけることで自然とそれができているのかもしれないですね。ちゃんといただいているお給料に見合う仕事がしたい、レベルアップしていきたい、と思って仕事に向き合っていれば、自ずと体現できる。それがこのバリューのいいところです。

(写真・文:出川 光)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキありがとうございます!すき!
Fukurou Magazine
アドテクノロジーで「かけがえのないパートナーになる」ことを目指し奮闘しているベンチャー、フクロウラボのnoteです。 はたらきかたのTips、メンバー、採用情報、社長のコラムなどを発信しています。