見出し画像

技術で会社を支えるフクロウラボの情シスポジション、募集中

会社の使用するサーバーやネットワーク、 パソコンなどを運用する情報システム(以下、情シス)のお仕事。フクロウラボでもあらたに情シスポジションの募集を行うことになりました。どんなお仕事なのか、やりがいはなにか。フクロウラボのCTOの若杉 竜一郎(わかすぎ・りゅういちろう)さんにお話をうかがいました。

(聞き手:出川 光)

地図は描けているけれど、手がたりない!

画像1

——フクロウラボの情シスポジションを募集されるんですね。

そうなんです。これまで情シスらしい業務は僕とコーポレートチームがカバーしてきました。今回は、さらに組織を大きく強くする上で監査業務も兼務していただくポジションを考えています。少し特殊なポジションになるのですが、メインで情シス業務を、時々、監査業務を行なってもらう( ※ )方を募集しています。

※今回の募集ポジションはメインのお仕事は情シスですが、書面上の監査関連のお仕事も行うものとのこと。

——情シスというと、社内のパソコンやネット環境、サーバーの整備などのお仕事でしょうか。

そうですね。やっていただきたいことは僕の頭の中ではざっくりは描けているんですが手が足りないという状態なんです。

フクロウラボの情シスの仕事

画像2

——すでに頭の中に描けていると仰っていたまずお願いしたいことはどんなことなのでしょう。

まずは、ベーシックなところで言うと、業務で使用しているパソコンやその他スマホなどのデバイスの管理体制をより理想的な状態にするというところから取り組んでいただきたいです。社内にエンドポイントセキュリティの導入は済んでいますが、高度な管理体制までは、まだきていないというのが現状です。1つの例として、営業の方が外でパソコンを失くしてしまった際に、遠隔で場所を特定したり、ロック/データ削除をかけるといった操作の管理体制などです。

——フクロウラボには営業で外に出るお仕事の方もいらっしゃいますものね。他には何かありますか?

2つ目としては、テレワークに対応したセキュアなリモートアクセスなどの整備です。特に一部の特殊な操作を行うスタッフに対してですが、社外からセキュアに操作できることを担保しながら、使用するスタッフの手間を最小限に押さえた環境を整えたいと思っています。

——働き方の変化も情シス業務が支えるところが大きいのですね。

はい。そして、比重が高い部分としては、AmazonのクラウドサービスAWSの管理をサポートしていただきたいと考えています。本番運用中のサービスの監視はもちろんなのですが、それ以外にもAWSは、開発エンジニア以外にも広告のオペレーションスタッフも頻繁に操作を行います。操作を行うスタッフ毎にきちんとした操作権限の管理が必要なのですが、最低限の管理を今はマニュアルでこなしている状態で、今後、スタッフの数が増えていった際に、スタッフのステータス変化に応じた権限の管理を、効率的にできる体制がまだ整っていません。
また、開発エンジニアと離れた立ち位置からも、AWSのユーザ管理が必要でもあるので、情シスポジションの方にその権限管理を行なってほしいんです。AWSや各種クラウドサービスに関わる情シス業務興味がある方は、チャレンジしがいがあると思います。

自分から提案できるのがこの仕事の魅力

画像3

——やることが多岐にわたり、幅広い業務を支えられるという面でとても面白そうなお仕事ですね。

そうですね。今挙げたような、想定できる業務経験以外にも、社内での問題点やスタッフの業務効率をよりサポートできそうな箇所を発見したら、自ら提案していただいたり、ソリューション選定にも積極的に関わっていただければと思っています。自発的な働き方ができるというのが、このポジションの面白いところではないでしょうか?今まで、専任で情シス業務を行う方がいなかったが故に、まだまだやれることはたくさんありそうです。

縁の下の力持ちを待っています

画像4

——若杉さんからみて、どんな方が向いていそうでしょうか。

この仕事をひとことで言うなら、縁の下の力持ちなのだと思います。影から誰かをサポートすることにやりがいを感じられたり、あらゆるセクションのスタッフとコミュニケーションしながら課題解決したい方が向いているのではないでしょうか。豊富な経験をお持ちで未熟な体制をゼロから強化していきたい方、経験が浅くても強い興味をもって共に成長しながら経験を積んできたい方、どちらも大歓迎ですよ。


お話を伺いながら、ある程度経験がないとだめですか?と聞いてみたところ「経験が無くとも興味があればOKです!僕がサポートできる部分であれば最大限サポートしますし、技術の進化が激しい昨今、一緒に変化に対応しながら体制を作り続けていければと考えています。」という心強いお答えをいただきました。フクロウラボをテクノロジーで支える縁の下の力持ち、大募集中です。

スキありがとうございます!すき!
18
アドテクノロジーで「かけがえのないパートナーになる」ことを目指し奮闘しているベンチャー、フクロウラボのnoteです。 はたらきかたのTips、メンバー、採用情報、社長のコラムなどを発信しています。