メンバーに頼れる安心感、質問しやすい雰囲気が協力的なチームをつくる
見出し画像

メンバーに頼れる安心感、質問しやすい雰囲気が協力的なチームをつくる

フクロウラボのバリューのひとつに、“配慮し合う”という言葉があります。入社して半年になる開発部の上原 伶王うえはら れおさん。開発部のメンバーに、日常的にかけられる言葉に優しい配慮を感じているそう。メンバー同士でバリューの“配慮し合う”を実践するとどんなことが起こるのか、上原さんにきいてみました。

転職先に求めていたこと

——上原さんの経歴から教えて下さい。

1社目では、社内ネットワークの監視業務。2社目では、サーバーサイドエンジニアとしてシステム開発をしていました。3社目に入社したのがフクロウラボです。

——なぜ、転職しようと思ったのですか?

前職では、同じプロジェクトメンバーの技術スキルは申し分なく、特に不満はありませんでした。ただ新しい技術を扱ってはいなかったので、もっと最新の技術を追いかけたいと思い転職を決意しました。いいプロダクトを作るために、新しい技術に対してアンテナを張っている人がたくさんいるような会社を探しました。

フクロウラボに入社して感じたこと

画像1

——フクロウラボの開発環境についてどう思いましたか?

新しい技術を取り入れて多くのプログラミング言語を使って開発しているので、手が回っていない部分があるなと半年経って分かってきました。1人でさばききれる量にも限界があるので、10名ほどのチームでは人が足りていない。いいエンジニア来てくれないかな、と思っています(笑)。
それでも、今まで働いてきた中で、働き心地、雰囲気が一番いい会社です。

——どのようなところに働き心地がいいと感じていますか?

開発部では、バリューにあるとおり“配慮し合う”ことが自然と広まっていると思います。フクロウラボに入社して初めて、RailsやReactなどを使うようになりました。その新しい技術を扱う時は、マネージャーやメンバーに教えてもらいながらタスクを進めていきました。教えてくれる人全員が「分からなかったらすぐ聞いてね。」と言葉にして言ってくれるんですよ。質問しやすい環境ができあがっているので、助かりました。
前職では、分からないことが質問できなくて、ふさぎ込んだ時期もあったので…。

今でも心に残る、前職でのアドバイス

——とてもコミュニケーション上手な今の上原さんからは想像できません。

前職での話ですが、1度仕事を受けたら、分からないことでも自分で咀嚼しなきゃと全部ひとりでやろうとしていました。背中を見て学べみたいな風潮もあり、分からないことが質問できなかった。ふさぎ込むとプライベートの時間でも、仕事のことを考えてしまって辛かったんですよ。

——その時はどうやって乗り越えましたか?

タイミングよくエンジニアではない人事担当者と話す機会があり、そこで吐き出しました。「分からないことは、ふさぎ込む前に訊いて処理した方が上手くいくし、自分でボール持たないようにしたほうがいいんじゃない?」と言われて意識が変わりました。今でもその教えを守って、問題を抱え込まないようにしています。

——なるほど、それで質問のしやすさを実感しているんですね。

でも質問しすぎてしまうので、CTOの若杉さんに相談したことがあります。「質問してみんなの作業時間を奪っていいのでしょうか?」と。
若杉さんは、「課題も解決できるし、みんなを巻き込むだけでノウハウは溜まっていくから、巻き込むことは気にすることじゃないよ。」と言われて、遠慮なくメンバーを巻き込んでいます。
新しい技術や前例のない課題など、メンバーを巻き込みながら仕事をすることは避けて通れないところ。〝迷惑をかけよう、それがチームのためならば”と開発部の行動指針にあるとおり、自分の成長がいつかチームの力になる、と思って質問しています。

画像2

開発部の良いところは?

——質問するときに気をつけていることはありますか?

2つあります。自分が理解していること、していないことを把握して、理解していないことは早めに質問し、抱え込まずに対処する。あとは、自分がいかに分かっていないかを正確に伝えることを意識しています。

——質問すると、開発部の皆さんはどのような反応がありますか?

分かっていないことでも、Slackのスタンプだったり、レスポンスがすぐきます。本当に速い!「これ分からないけど、〇〇さんに聞くといいよ。」「分からないけど、1回オンラインでつないで話しましょう。」開発部のメンバーは、一緒に考えよう、解決しようとしてくれるスタンスでいつもいてくれる。自分も質問されたら、同じように応えようと意識しています。


困っている人がいたら助けなきゃと、自分の手を止めて助けてくれる人ばかりの開発部。すぐ応える配慮と、分かりやすく質問する側の配慮、バリューの配慮し合うが実践されるとこんな風に協力的で働きやすい雰囲気になるんですね。

(文章:中村 恵子)

スキありがとうございます!すき!
アドテクノロジーで「かけがえのないパートナーになる」ことを目指し奮闘しているベンチャー、フクロウラボのnoteです。 はたらきかたのTips、メンバー、採用情報、社長のコラムなどを発信しています。