初めてのインターン先にフクロウラボを選んだ2人の話
見出し画像

初めてのインターン先にフクロウラボを選んだ2人の話

Fukurou Magazine

フクロウラボには今年、藤﨑 諒ふじさき りょうさんと小松﨑 千聖こまつざき ちさとさんの2名がインターン生として入社してくれました。組織に新しいエネルギッシュな風が吹いて早数か月、2人がフクロウラボでどのようなインターン生活を過ごしているのかお話を聞きました。

インターンの1日

画像1

(写真左:小松﨑さん 右:藤﨑さん)

──お二人はどんな業務をしているのですか?

藤﨑:広告を掲載してもらうSEOに強いメディアに対して営業活動をしています。新規開拓としてメディアに対してメールやDMで連絡したり、既存メディアに対しては新しい広告案件の提案や現在掲載している広告の改善を提案しています。

小松﨑:同じくメディアに対して営業活動をしているのですが、私の場合は主にインフルエンサーを対象に営業活動をしています。

──同じメディア営業でも異なった層の顧客に対しての営業活動なんですね。お二人はフクロウラボでどんな1日を過ごしているんですか?

藤﨑:朝出社したらまずメールのチェックをしています。その後は自分の担当しているメディアの成果を確認し、その内容によって改善を提案したり上手く広告運用が進むようにフォローしています。あとはひたすら新規開拓営業でメールやDMを送ったり、打ち合わせに出たり、メンバーとお昼を食べたりですね!

小松﨑:全く同じです。 私の場合はインフルエンサーがメインなのでメールよりDMのチェックが多いかな。

──おお、がっつり仕事してますね~!(笑)元々インターンを始めようと思ったキッカケは何かあったんですか?

藤﨑:正直な話をすると、留学から帰ってきたタイミングで特にすることがなかったので始めようと思いました。当時はある程度条件を絞って片っ端から受けていました。

小松﨑:当時いっぱいバイトをしていたのですが、就活とか考えるともっと活かせる経験を積みたいなと思っていました。インターンなら経験も積めて給与ももらえるのでちょうど良いと思ったんです!(笑)
私も藤﨑さんと一緒で片っ端から受けてました。

決め手は環境とメンバー

画像2

──片っ端から受ける中で、フクロウラボを選んでくれた理由をぜひ聞きたいです。

藤﨑:小松﨑さんからお願いします。
小松﨑:!?

──あ!小松﨑さんからヒント得ようとしてるな~!?(笑)

藤﨑/小松﨑:(笑)

小松﨑:一番返信や選考がテンポよく進んだのがフクロウラボでした。早くインターンをしたいと思っていたのでありがたかったです。あとは、何社か面接を受けた中で一番社会人経験が積めそうだと思ったんです。インターンで事業を回している企業も受かっていて、それもそれで力は付きそうだと感じてはいたものの、やっぱりビジネス基礎を身に着けるには実際に働く社会人の先輩方から学びたいという想いがあったのでフクロウラボを選びました。

藤﨑:僕は長期インターンができる企業で業界も絞りながら営業職で探していました。募集を見ていて偶然フクロウラボに辿り着いたんですよね。数社受かった中で実際にメンバーとランチに行ったりして雰囲気が一番良かったフクロウラボに決めました。

──実際に入社してみてどうですか?

藤﨑:最初は覚えることが多くて大変でしたね。

小松﨑:確かに、初歩的なことだけどパソコンのショートカット覚えたり、営業メールを書くのに言葉遣いとか悩みましたよね。

藤﨑:うん、単純にMACの使い方に苦戦したりもしたね。業界用語も聞きなれないものが多かったので、最初はメールをそのままマネしていたり先輩メンバーにどんどん聞いてました!

小松﨑:私は人に聞くことに腰が重い性格なので、自分でGoogleで調べて色々試してみることも多かったです。あと入社前にオフィスへ来た時に、こんな人達と一緒に働けたら楽しそうと思ったんです。実際に入社してみて、新メンバーが部署の垣根を越えて交流できる取り組みがあったおかげでみんなと話しやすい環境が自然にできたのは嬉しかったです。

藤﨑:あと、僕はもっと社長の清水さんと話したい!(笑)

──入社前は社長がどんどん話しかけてくれるイメージでした?

藤﨑:僕の勝手なベンチャー企業の社長のイメージが、どんどん話しかけてくるみたいなイメージを持っていたので...。僕があまりにも清水さんと話したいオーラを出していたせいか、この前「藤﨑さんの話したいオーラが凄すぎるからご飯行こう」、って言われました(笑)

──よほど藤﨑さんからオーラが出ていたんですね!お二人はこの入社して数か月の期間、仕事をするうえで日々意識していることはありますか?

小松﨑:素早い対応をするように意識しています。先輩から担当メディアを引き継がせてもらうことも出てきたので、その際に社外の対応はもちろんですが、社内で依頼されたことも早くできるよう心がけています!

藤﨑:1分考えてわからなかったら周りに頼ることにしています!自分のわからないことは聞いてしまった方が早いと思っているので。

わたしの次なるステップは...

画像3

──今後の目標はありますか?

藤﨑:売上をもっと上げたい!新規開拓をどんどんして早くチームメンバーの力になりたいです。あとは自分が担当しているメディアの成果をもっと伸ばして上げられるようになりたいですね。

小松﨑:わからないことを後回しにせず、丁寧に1つ1つのメディアと向き合って知識を深めていきたいです。今は同じチームのメンバーに助けてもらうことが多いので、自立できるように頑張ります!打ち合わせとか未だに緊張するんですけど、社員と同じレベルで学べる環境があるので本当にありがたい。

藤﨑:うん。失敗ばかりなのにどんどん経験の場を設けて経験させてくれるので頑張りたいと思えます!

「経験が積める分、最初は大変なことも多いけど何とかなる!」、「基礎的な知識は慣れちゃえば全然大丈夫!」と、とても心強い2人。チームのためにこれからもっと頑張りたいと言ってくれた藤﨑さん、小松﨑さんにとってフクロウラボでの時間がかけがえのないものとなるよう、私達も頑張らないといけないなと改めて思えたインタビューでした。

▼関連記事

(文章:目見田 水紀)

スキありがとうございます!すき!
Fukurou Magazine
アドテクノロジーで「かけがえのないパートナーになる」ことを目指し奮闘しているベンチャー、フクロウラボのnoteです。 はたらきかたのTips、メンバー、採用情報、社長のコラムなどを発信しています。