見出し画像

「事業づくりは仲間探し」が合言葉。フクロウラボが人事の仲間を募集中!

フクロウラボでは、一緒に採用活動をしてくれる人事の仲間を探しています。今回は現在人事を担当している紙谷夏美(かみや・なつみ)さん、中村恵子(なかむら・けいこ)さんにフクロウラボの人事についてインタビュー。フクロウラボの採用や人事の考え方について聞きます。

やりたいことをがむしゃらにやってきたこれまでのフェーズ

スクリーンショット 2020-08-27 18.23.06


——おふたりはもともと人事の経験があったんですか?

か:いえ、私のキャリアは実はパティシエとして始まったんです。けっこう自由に生きてきたタイプ(笑)。少しずつキャリアがバックオフィス系に近づいていって、フクロウラボ で初めて人事専任になりました。前職で人事を経験した時に、採用した人のおかげで会社の雰囲気ががらりと変わったことに人に関わる仕事の面白さを感じたのがきっかけかな。

な:私は現在採用広報としてnoteを書いたりtwitterの運用をしたりしています。私は紙谷さんより早くフクロウラボ にいたんですが、入ったきっかけはなんとママ友の紹介。営業事務を経て、このポジションに行き着きました。

——現在のフクロウラボの人事って、どういうことをやっているんですか?

か:代表の清水さんには、「これからが人事の仕事じゃない?」なんて言われるほど、これから会社を大きくしていくというフェーズです。採用イベントとか、採用広報の強化とか、まだまだやりたいことはたくさんあるけれどできていないという状態。

いい人が損しない組織を作りたい

スクリーンショット 2020-08-27 18.24.29

——採用を強化したい理由はどんなことなのでしょう?

な:採用を強化することで、頑張っているみんながもっと活躍しやすくなってほしいですね。仲間が増えることでそれぞれが向き合うべきものにもっと向き合いやすくなったらいいな。

か:それに、採用イベントや採用広報の強化など、まだできていないことをたくさんやってみたいです。

事業づくりは仲間探し、が合言葉の会社

スクリーンショット 2020-08-27 18.25.00

——採用活動に対する社内の協力度合いは会社によってまちまちな気がします。フクロウラボの場合はどうですか?

か:事業づくりは仲間探し、というのを合言葉にしているくらいなので、社内の理解度は高そうです。

な:採用ランチもみんな協力的に行ってくれて、積極的に話しかけてくれます。みんなもそうやって採用されてきているから、ちゃんと手伝ってくれますね。

カルチャーフィットする人ではなく、カルチャーを作っていく人

スクリーンショット 2020-08-27 18.25.30

——新たに仲間になってくれる人事の方に求めるものってなんですか?

か:人事って、カルチャーフィットしていればいいだけではなく、一緒にカルチャーを作っていく人だと思うんです。もちろん入社時点で一緒にカルチャーを作れなくてもいいんですが、代表の清水さんのみている方向や考えていることを理解して同じベクトルに向かって進んで行ける人を探していける人がいいな。求めすぎですかね(笑)。

スクリーンショット 2020-08-27 18.25.55

——それでは逆に、仲間になってくれたらこんないいことがあるよ!という点は?

か:それは、中村さんと働くとめっちゃ癒されることです。
な:いや、それは、紙谷さんと働くと本当に優しくいろんなことを聞いてくれることです。

——すごい、相思相愛!

か・な:あはははは。

息ぴったりで、働いているメンバーのことを何よりも大切に考えているおふたり。そんなお二人と一緒にフクロウラボを作ってくれる人事の方、お待ちしています。お互いが認める癒し系のお二人ですが、インタビューするだけで筆者もたっぷり癒されてしまいました。

(執筆:出川 光)

スキありがとうございます!すき!
26
アドテクノロジーで「かけがえのないパートナーになる」ことを目指し奮闘しているベンチャー、フクロウラボのnoteです。 はたらきかたのTips、メンバー、採用情報、社長のコラムなどを発信しています。

こちらでもピックアップされています

MEMBER
MEMBER
  • 7本

フクロウラボで働く仲間のインタビュー。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。