フクロウラボ が初のCFOを募集。そのやりがいと、フクロウラボ の現在地
見出し画像

フクロウラボ が初のCFOを募集。そのやりがいと、フクロウラボ の現在地

Fukurou Magazine

フクロウラボ が、初めてのCFOを採用するらしい。驚きの報告を聞いて早速、フクロウラボ の代表の清水翔さんにインタビューを申し込みました。未来のCFOに期待する役割、そして、今のフクロウラボ でCFOを務める魅力とは、どんなことなのでしょうか。

聞き手:出川 光

背中を預けられるCFOと、未来の話がしたい

画像1

──フクロウラボ が初めてのCFO募集を始めたと聞いて、お話を聞きにきました。

そうなんです。これまで資金調達などCFOの仕事は僕がやってきました。これまで優先度も緊急度も高くなかったので採用をしていなかったのですが、上場に向けてあらためて、CFOのポジションについてくれる方を募集します。

──まずは、どんなお仕事なのかを教えてください。

仕事としては大きくふたつです。ひとつは、事業戦略を作り、遂行し、成長機会を作ること。社内向けの仕事ですね。もう一つは投資家への向き合い。上場前、上場後の投資家とのコミュニケーションや、あらたな投資家との出会いもおまかせしたいと思います。

──ということは、条件となる経験もレベルが高そうですね。

上場を経験しているCFOか、CFO直下で上場プロジェクトを担当したことがある人、になると思います。

──なるほど。CFOの方が入られたら、まず一緒に何をしたいですか?

まずは、みっちり2,3年の具体の話をしたいです。これまで僕が考えてきたことを伝えて、
同じ目線に立ってお互いの意見を交換したい。その上で、あとはお任せしたい、ですかね。

──お任せですか?

はい。背中を預ける、とも言えます。僕はこれを、「誰かが運転している車の後部座席で寝られる状態」と例えるのが気に入っています。前の席には両親がいて、心配事はなにもなく、ぐっすり眠れている状態を安心というんだよ、というスヌーピーの名言です。

──なるほど。では、進捗管理や方針の策定もお任せして、清水さんが安心できるような方を探す、ということなんですね。

そうです。「これいい感じにお願いします」ですむような意思疎通のできる関係になりたいと思っています。

フクロウラボ の現在地

画像2

──CFOとして入られる方にフクロウラボ の現在を伝えるとしたら、どんなことでしょうか。

フクロウラボ は、毎年高いレベルの成長率の成長を目指していて、実際に毎年黒字を出しています。これからも成長し続けるのを目指して、その基盤を作りたいと思っています。

──そういう状態ならではのやりがいはどんなところにあるでしょうか。

黒字の状態の会社でどの事業に、どう投資していくか決めるのは面白いのではないでしょうか。さらに、会社として単一事業から複数事業に変化しようとしているフェーズ。評価のありかたの策定や見直し、部署間の異動、社内調整、お金の使い方など運営の難易度が飛躍的に上がります。そこで何にどうリソースやお金を使っていくか考えられるのは珍しい環境と言えるでしょう。

──確かにやりがいがありますし、探してもなかなか見つからなさそう。清水さんは年初のインタビューでもこの複数事業化に触れていましたね。

複数事業化は今年のやりたいことのひとつです。新規事業として走り出した事業に加えてあらたに新規事業も始め、それを既存事業にできるのを目指しています。

──黒字という幸せな環境でありながら、新規事業にも関われるんですね。

いい人が多いこと、クリエイターの喜ぶ顔が見れること

画像3

──私は、フクロウラボ の魅力のひとつは「人」だと思っています。これも、CFOの方にはやりがいになりそうですよね。

そうですね。まずは働いている人がみんないい人が多いこと。仕事や学校が辛い時、その理由が人間関係にあることが多いと思います。その点フクロウラボ のメンバーは、そういう心配がないと思います。一緒に仕事をすることが多くなるであろう経営陣は、淡々と仕事をするクールなキャラクターが多く、けれどいい人たちなので争いごとや人間関係で悩むことはないんじゃないでしょうか。「人」に加えてもう一つ魅力があります。

──是非聞きたいです。

お客様の喜んでいる顔が意外と見えること。広告というビジネスモデルなので、お客様の顔がなかなか見えないと思う人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。ブロガーの方、ライターの方、インフルエンサーの方と直接お会いすることもありますし、僕らのサービスのおかげで好きなことができていると言っていただくこともあります。何より、僕がクリエイティブな人を応援する手段として広告をやっているので、クリエイターや自己表現をする人を応援できる事業であることはこれからも変わりません。

──新規事業は、よりその色が強くなっていますよね。

はい。現在進めている新規事業では課金アプリを使ってさらに直接的なマネタイズを応援していますし、これからもそういう事業を作るつもりです。クリエイティブなお客様と直接会話ができたり、お金を稼がせるという支援ができるのは、魅力のひとつなのではないでしょうか。

──さらにそこに投資をするCFOの立場で関われたら喜びも大きいと思います。この募集、いつまでなのでしょうか。

いい人がいたら、そこでクローズです!

──なんと、潔い。最後にこんな人がいいな、という像があったら教えてください。

人間的にいい人で、仕事に誠実な方だったら、どんなキャラクターでも。

──ありがとうございます。新しいCFOの方にインタビューできる日が楽しみです。


清水さんの思い、伝わったでしょうか。これまでフクロウラボ のインタビューを繰り返してきて、このお話にひとつ私が魅力を付け足すとしたら、清水さんの人柄です。まっすぐで、事業とお客様のことをいつも全力で考えている代表と背中を預け合い、タッグを組んでくれる方、お待ちしています。

【2022年04月現在、こちらの募集は終了しました】
(写真・文:出川 光)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキありがとうございます!すき!
Fukurou Magazine
アドテクノロジーで「かけがえのないパートナーになる」ことを目指し奮闘しているベンチャー、フクロウラボのnoteです。 はたらきかたのTips、メンバー、採用情報、社長のコラムなどを発信しています。