マガジンのカバー画像

社長の部屋

63
フクロウラボ 代表の清水が書いているnoteです。社長の人柄を知ってみたい方やフクロウラボ についてもっと知りたい方はぜひどうぞ!
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

フクロウラボ のnoteに「社長の部屋」マガジンが登場しました。

みなさんこんにちは。 フクロウラボのnoteに、代表の清水さんのnoteを転載するマガジンを作成…

19

若手時代の経験が今のフクロウラボを作っている。代表清水さんの新人の頃の話

春は新しい年度を迎える特別な季節。特に、新卒入社を迎える方や若手の方にとって、この季節は…

Fukurou Magazine
2か月前
37

成長痛を乗り越え、業績を成長させる2024年へ。「僕に賭けてみるつもりで、ついてきて…

フクロウラボにとって、2023年は10周年を迎えた記念すべき年でした。毎年恒例となった、年初に…

Fukurou Magazine
4か月前
19

初対面でも関係なし。フクロウラボ代表の清水さんらしさが現れる面接時のエピソード

入社したメンバーに、「採用の面接どうでした?」ときくと、「代表の清水さんが面白かった」と…

Fukurou Magazine
7か月前
28

期待を認識し、責務をまっとうする。フクロウラボが従業員にずっと求めていくこと

「コトに向き合う」「配慮しあう」「期待を超える」。フクロウラボのバリューです。この言葉に…

Fukurou Magazine
9か月前
25

フクロウラボを長く続く会社にしたい。清水翔さんに聞く、社長になるまでの道のり

フクロウラボの代表取締役である清水翔(しみず・しょう)さん。フクロウラボを立ち上げ、今に…

30

多様なクリエイターを支えるCircuit X。フクロウラボ代表の清水さんが語る、その意義とは

フクロウラボの主軸事業である、アプリ向け広告配信プラットフォーム「Circuit X」。その立ち上げは6年前に遡ります。どのようなきっかけで事業を立ち上げ、どんな意義や価値を産んでいるのでしょうか。 これまでインタビューに出てこなかったCircuit Xの社会的意義や込められた想いについて、フクロウラボ代表の清水翔さんにお話を聞きました。 UXの向上とコンバージョン双方を叶えるCircuit Xの始まり──今日はCircuit Xについてお話をききたいと思います。まずはC

さらに広いオフィスに移転したフクロウラボ。代表の清水さんが語る、オフィスが叶える…

これまでのオフィスの3倍はあろうかという広いオフィスに移転を叶えたフクロウラボ。これまで…

19

行動をデザインする

こんにちは。 全社mtgで話した、「行動デザイン」に関して言語化してみたのでnoteにまとめて…

Sho Shimizu
1年前
19

「大きさを考える」、「分けて考える」

こんにちは。 久しぶりにnoteを書いてみました。数年ぶりにお仕事をするパートナー会社のひと…

Sho Shimizu
2年前
9

フクロウラボ が初のCFOを募集。そのやりがいと、フクロウラボ の現在地

フクロウラボ が、初めてのCFOを採用するらしい。驚きの報告を聞いて早速、フクロウラボ の代…

26

熱量を見つけて新規事業に昇華する。フクロウラボ の2022年について代表の清水さんに…

あけましておめでとうございます。今年のフクロウラボ のnote、「Fukurou Magazine」もどうぞ…

18

創業記念日を迎えたフクロウラボ 。次の一年は次のステージへ

フクロウラボ は、11月15日で創業9年目をむかえました。創業記念日のある今週は、これまでの一…

21

君の人生を背負う覚悟ができたよ

こんにちは。 「君の人生を背負う覚悟ができたよ」とは、8〜9年前に渋谷にあったスタートアップの社長が、インターン生に対して放ったコトバです。 他企業に新卒として入社するか、インターンとして働いていた会社に入社するか迷っているところで、渋谷のスクランブル交差点で、社長がインターン生に対して「君の人生を背負う覚悟ができたよ」と言った(らしい)。 「君の人生を背負う覚悟ができたよ」というコトバがドラマチックで、「君の人生を背負う覚悟」なんて大層なことばを言い切るのすごいな、社