マガジンのカバー画像

MEMBER

37
フクロウラボで働く仲間のインタビュー。
運営しているクリエイター

記事一覧

業界を変えて飛び込んだフクロウラボのメディア営業のふたり。「結局は人とのコミュニ…

フクロウラボの営業チームの中で、メディア営業を担っている富永 真希(とみなが・まさき)さ…

フクロウラボの開発チームでアップデートされていく「みんなでやる」文化

時々取材で訪れるだけでも、フクロウラボの開発チームには、友情とも言えそうな連帯感が強く根…

1か月前

息を吐くように技術を磨く、元フクロウラボエンジニア退職インタビュー

フクロウラボがまだマンションの一室にあった頃。エンジニア未経験でジョインしてくれた、元ド…

1か月前

どんどんコード書こうぜ!フクロウラボのマネージャーが新人に伝えたいこと

桜満開出迎えた新年度。今日からあらたな職場や環境に入る人や、初めて会社に入る人もいるかも…

1か月前

フクロウラボの新規事業でクリエイターを支える。エンジニアのやりがいを聞きました

このnoteでもたびたび話題に上がってきたフクロウラボの新規事業「Ordinary」。フクロウラボの…

2か月前

知識ゼロからの商品開発を支えた、フクロウラボ のバリューたち

フクロウラボ でコスメ商品の開発からオンラインでの販売までを手掛けている小野川凡(おのが…

3か月前

経営陣も勉強してます。フクロウラボ の「竹下塾」について聞きました。

フクロウラボ には自主的に学び、お互いに知識やスキルを磨き合う文化があることはこれまでの記事でもお伝えしてきました。なかでも勉強会はフクロウラボ らしい取り組みですが、経営陣にも勉強会があることをご存知だったでしょうか。今回は、経営陣の視座を上げるために始まった「竹下塾」について、主宰の監査役である竹下 謙治(たけした・けんじ)さんにお話を聞きます。 聞き手:出川 光 ──今日お伺いしたいのは「竹下塾」についてです。どんな「塾」なのでしょうか。 何も難しいことをしている

スキ
16

いつか「新規」事業と呼ばれなくなるまで。フクロウラボ の新規事業「Ordinar…

フクロウラボ に新規事業に取り組むチームがあるのをご存知でしたか?実はすでにプロダクトを…

6か月前

いつでもどこでも働ける自力をつけながら、フクロウラボのバリューをあげていく

フクロウラボの執行役員である有岡 卓哉(ありおか・たくや)さん。真面目な顔の裏にどこか懐…

6か月前

私はフクロウラボ の大ファン。好きな会社で人事ができること

「私、フクロウラボ のファンなんです」と言われた時、とっさに「本当〜?」なんて返してしま…

7か月前

ワーホリで飛び込んだ初めてのオフィスワーク!またみんなと働きたくて、ビザを取りな…

今回はメンバーインタビューです。フクロウラボのファッションアイコンにしてムードメーカー、…

7か月前

卒業インタビュー:フクロウラボを楽しんで!直感で入社した私のインターン生活

出会いがあれば別れもある。新たな目標に向かって退職することになった竹内瑠南(たけうち・る…

8か月前

「コトに向き合う」を機軸にしたフクロウラボの営業スタイル

営業職と聞くと、取引先に無謀な電話をかけ続けたり難しい予算達成に追われているイメージを持…

9か月前

成長機会を求める経理に朗報。フクロウラボ が経理業務を磨けるポジションを募集中

フクロウラボ で経理ポジションの募集が始まっています。しかも、経理業務を行うだけではなく、大きなキャリアアップにつながる勉強と経験の機会が詰まった貴重なポジションです。そのお仕事やチームについて、フクロウラボ の役員の高橋 祐樹(たかはし・ゆうき)さんに聞きました。 分析業務、予算づくり、上場準備。経理業務のレイヤーをあげたい方のためのポジション ──今回はずばり、フクロウラボ の経理ポジションに今つくことのメリットから聞いてみたいと思います。 率直に言えば、これまでの

スキ
18