Fukurou Magazine

アドテクノロジーで「かけがえのないパートナーになる」ことを目指し奮闘しているベンチャー、フクロウラボのnoteです。 はたらきかたのTips、メンバー、採用情報、社長のコラムなどを発信しています。

Fukurou Magazine

アドテクノロジーで「かけがえのないパートナーになる」ことを目指し奮闘しているベンチャー、フクロウラボのnoteです。 はたらきかたのTips、メンバー、採用情報、社長のコラムなどを発信しています。

    マガジン

    • ABOUT Fukurou Labo

      • 35本

      私たち、フクロウラボをめぐることや会社で起きたできごとを紹介しています。

    • MEMBER

      フクロウラボで働く仲間のインタビュー。

    • MY VALUE STORY

      「コトに向き合う」「配慮しあう」「期待を超える」。私たちが大切にしている働き方、バリュー。それに出会えた瞬間をさまざまな仕事から描きます。

    • エンジニアの部屋

      • 35本

      フクロウラボのエンジニアチームにご興味のある方はこちら。エンジニアが登場する記事だけをまとめてみました。

    • 社長の部屋

      • 56本

      フクロウラボ 代表の清水が書いているnoteです。社長の人柄を知ってみたい方やフクロウラボ についてもっと知りたい方はぜひどうぞ!

    記事一覧

    CTOと若手エンジニア、それぞれの視点から捉えるフクロウラボの開発チーム

    異なる視点で語ってもらえば、その雰囲気を立体的に掴むことができるはず。今回はフクロウラボ…

    フクロウラボの経営陣がビジネスセンスを磨くために読んだ本を紹介します

    約1年前、監査役であった竹下 謙治さん(現在は取締役CFO)に、「経営チームに必要な本、参考…

    夢は役員になること。フクロウラボの海外営業として働く

    入社して3ヶ月。まだ慣れない状態での取材を想像していたら、すでに数カ国にクライアントを持…

    Fukurou Magazine
    3週間前

    失敗は怖い。でも挑戦しない理由がない!仕事を通し、自分自身と向き合い続けた1年間

    メンバーにバリューを体現している人を聞くと、必ずその名前が上がる人がいる。 フクロウラボ…

    Fukurou Magazine
    3週間前

    フクロウラボのリアルなマネージャー像。悩みあり、アドバイスありの「マネージャーク…

    フクロウラボで働くマネージャーのみなさん。チーム同士のコミュニケーションは多くても、お互…

    Fukurou Magazine
    1か月前

    チームを越えて協力する。そこには、配慮し合うというキーワードがあった

    Circuit Xに広告を出稿するクライアントに向けて営業をする登口 将さん。バリューのひとつにあ…

    Fukurou Magazine
    1か月前
    CTOと若手エンジニア、それぞれの視点から捉えるフクロウラボの開発チーム

    CTOと若手エンジニア、それぞれの視点から捉えるフクロウラボの開発チーム

    異なる視点で語ってもらえば、その雰囲気を立体的に掴むことができるはず。今回はフクロウラボの開発部門のチーム(以下、開発チーム)について深堀りするために、CTOと若手エンジニアのお二人をお呼びしました。CTOの若杉 竜一郎(わかすぎ・りゅういちろう)さん(以下、若)と、エンジニアの岩元 大地(いわもと・だいち)さん(以下、岩)にお話をききます。

    聞き手:出川 光

    年齢もポジションも違うお二人にと

    もっとみる
    フクロウラボの経営陣がビジネスセンスを磨くために読んだ本を紹介します

    フクロウラボの経営陣がビジネスセンスを磨くために読んだ本を紹介します

    約1年前、監査役であった竹下 謙治さん(現在は取締役CFO)に、「経営チームに必要な本、参考になりそうな本はどれですか?」と代表の清水さんが尋ねたところから始まった輪読会。竹下さんが選書した課題図書を読み、その本から学んだことや所感、疑問点をシェアして、ビジネスセンスを身に着けようと勉強会「竹下塾」が生まれました。

    いろいろな上場企業を見て、多くの経験をしてきた竹下さんが、今のフクロウラボに必要

    もっとみる
    夢は役員になること。フクロウラボの海外営業として働く

    夢は役員になること。フクロウラボの海外営業として働く

    入社して3ヶ月。まだ慣れない状態での取材を想像していたら、すでに数カ国にクライアントを持っているというので驚きました。海外営業の仕事について、沈 倩穎(チン セイイン)さんに聞きました。

    中国から日本にきて、フクロウラボに出会うまで

    ──これまでのキャリアを教えてください。営業のお仕事をずっとされていたのでしょうか?

    いいえ、これまで全く違う仕事をしてきたんですよ。2011年に交換留学で日本

    もっとみる
    失敗は怖い。でも挑戦しない理由がない!仕事を通し、自分自身と向き合い続けた1年間

    失敗は怖い。でも挑戦しない理由がない!仕事を通し、自分自身と向き合い続けた1年間

    メンバーにバリューを体現している人を聞くと、必ずその名前が上がる人がいる。

    フクロウラボでは毎月、全社員対象の組織サーベイを実施しています。その中で、一ヵ月を振り返ってバリューを体現していたと感じるメンバーを書いてもらっているのですが、入社以来ずっと、名前が挙がり続けているメンバーがいることが判明。これはインタビューをするしかないと、マイクを向けたのは昨年夏に入社した阿部祐子さん。謙虚でまっすぐ

    もっとみる
    フクロウラボのリアルなマネージャー像。悩みあり、アドバイスありの「マネージャークロストーク」

    フクロウラボのリアルなマネージャー像。悩みあり、アドバイスありの「マネージャークロストーク」

    フクロウラボで働くマネージャーのみなさん。チーム同士のコミュニケーションは多くても、お互いに話したり、マネジメントについてアドバイスをし合ったりすることは少ないのではないでしょうか。

    今回は、フクロウラボのマネージャーの雰囲気や考え方をお伝えしつつ、マネージャー同士の交流も深めてもらおうというクロストークを企画。さっそく、3名のマネージャーの方に登場いただきました。

    紙谷夏美さん・・・管理部門

    もっとみる
    チームを越えて協力する。そこには、配慮し合うというキーワードがあった

    チームを越えて協力する。そこには、配慮し合うというキーワードがあった

    Circuit Xに広告を出稿するクライアントに向けて営業をする登口 将さん。バリューのひとつにある、"配慮し合う"が業務の中でどのように関わってくるのか、きいてみました。

    異動したばかりの頃
    ——登口さんは入社して4年目、今ではすっかり営業担当ですが、入社当時は別のチームでしたね。

    そうです。営業チームをサポートする側の部署で、広告の入稿や案件のレポート報告などをやっていました。入社してから

    もっとみる